昭和37年製 真空管ラジオ

 17, 2016 13:46
先日 客様より頂きました。

年末大掃除 粗大ごみ 物置の片付け時
入っていた 昔のラジオ
161216_0932~01

粗大ごみの日に収集出そ と思いながら
もしかしたら?捨ててしまうのは勿体無いものか?
と思い 持参くださいました

聞けば結婚した年に ご主人様が秋葉原で買ってきた物と
昭和37年製の真空管ラジオ (藤倉 昭和38年産まれ)

(お客様 昭和10年産まれ 藤倉母よりひとつ上
  ですが元気ハツラツ!更にそのお母様107歳!この方も綽々元気!
    長生き元気の遺伝子継承なされているのかと。。。)

東芝かなりやYS という 最上級デラックス物

161216_0933~01

161216_0935~01

長年物置保管 ホコリや雨の侵入
汚れもひどく 半分拭いてみれば こんな状態
161216_0934~01

電源いれて見ても・・・
無反応・・(・・) ザリザリノイズが入ります

どうせ捨てるようなもの
自宅のもあります真空管ラジオの部品取りにするかな?
摘みスイッチひとつも貴重な部品

分解してみる
161216_1340~01
埃がひどいww
真空管洗ってみたり・・・各パーツ拭いてみたり
161216_1342~01

裏も見れば・・
ほぇ~~(゚д゚) 半田付けの妙!基盤使わず
直に接続 昔のパートさんの作業姿が思い浮かびます

箱も洗浄
161217_1034~01

続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


COMMENT 0

WHAT'S NEW?