11月1日・三峯神社

 03, 2016 14:15
火曜日 11月1日

ふと気になって・・行ってきました!三峯神社
903919_131639227019512_386023434_o.jpg

特に この11月1日 一番のパワー運気が上る日 とか。。
去年の11月1日 8時間待ちと聞いていましたので。

ならば・・夜討ち朝駆け
深夜2時起きて まず犬散歩・・・こんな時間にww
からの犬ご飯。 お留守番時間長くなりそうだからね。

深夜2時半 自宅出発!行き先は秩父の山奥
(釣り人モードだなっw)
事前のルート検索 3時間・150キロの予定

(ルート A)
kannetu.jpg
(ルートB)
mitumii2.jpg



高速降りてからも1時間半
それでも予定よりは早く到着のAm5時
161101_0533~01
真っ暗なこんな険しい山道
途中鹿と遭遇しながら雨も降り出し 標高1100メートル
気圧計も随分下がりました
161101_0616~02

コレだけ早く到着したにも関わらず・・・先客多く(;゜0゜)
渋滞してます。

何しろ初めての場所
勝手わからず 駐車場で仮眠すりゃいいかと思っていたのでした
が・・・駐車場開放7時からゲートが開くって。(250台)

雨の中暖房付けて車中で暖を取る
こんな山の奥 ラジオもワンセグも電波捉えず
CD聞いて過ごす。

6時半
早めに駐車場ゲート開放
やっと車が動き出すヽ(´∀`)ノ
動き出すも・・・・・またも停止・・??
ん??? 前方第一弾250台収容・・・満杯になりました。。

また待つんだ。。どのくらい待つのかな??
事前情報によると・・・8時から神社開門 引換券配布と。
ってこたぁ~~・・先に入ったお客さん(参拝客)
8時過ぎなきゃ戻ってこないと!(;д;)

仕方ない・・・8時までまだ1時間半有る。
車置いて ちょっとトイレ(駐車場奥)
帰り ゲートから自分の車まで 台数数えると
54台目。(T_T)

ひたすら車で待つ。8時30分くらいから 帰る車がぼちぼち
車もダラダラ進む。

5時到着から4時間後 午前9時
やっと駐車場入庫(o‘∀‘o)*:◦♪

山門入り口で引換券受け取る
161101_0851~02
161101_0851~01
161101_0852~01

お犬様に御挨拶

今日の目的は・・・
お犬様(大口真神=狼)のお力を借りようと。
今年 ドッグレスキュークラブ東京
毎月の様に看取り犬 怪我・事故が発生(´;ω;`)

このままでは良くない!ちょっと お犬様
のお力を借りたい と思い来ました。

(三峯神社は山岳信仰の神社 狼が守護神・

それとちょうど火曜日に11月1日
藤倉に行ってこい!と言われているようなもの
呼ばれた気がする。 特にこの日 1並びのワンワンわん
最も混む日。昨年は8時間待ちだったと
その為 臨時電車・臨機バスも組まれていますが・・・

なぜ混むのか?人気は限定 白いお守り
その為 引換券なしでは譲っていただけない(一人一個)
(白い気守り) クリック
14457431_589889734527790_340036754675377756_n.jpg

紅葉シーズンも重なっての人気日
朝の雨の影響で・・・雲海が!!大好きな雲海出現
161101_0849~01
流石標高1100メートル
161101_0923~01
紅葉とオジサンヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
161101_0925~02


参道の途中
良い感じの交番
161101_0854~01
参道門
161101_0855~01
本殿
161101_0859~01

御札を頂き 車へ戻る
まだまだ駐車場待ちの車が居るはずだ
早く降りねば。。
ゲートを出て反対車線の車を数える・・
ざ~っと800台迄数えて止めた・・だってキリがないんだもんww

500台目の頃にお客さん満車状態のバスがハマッていました
8時間待ち というのはまんざら大げさではないと思いました。

街に出て(昼前) 信号待ちの横にとんかつ屋さんが!
駐車場も空き!!行くべし!!
161101_1119~01
豚勝つ馬勝った!(とんかつうまかった)

東京戻り 代表宅へ向かう
このお守りをお届に
161101_1514~01161101_1516~01

自分用にはコレを
161103_1238~01

充実した一日でした
それにしても眠かったww


「日本書紀」によると  
ヤマトタケルは東夷平定の帰りに、甲斐の酒折宮から、武蔵の秩父、奥多摩を通過、
上野へ向かって碓日坂(碓氷峠)を越えて信濃に入った。お腹が空いたので、信濃の山中で食事をした。
山の神は彼を苦しめようと白鹿になってヤマトタケルの前に立った。ヤマトタケルはいぶかしみ、
一箇蒜(ひとつひる)で白い鹿をはじいた。一箇蒜とはニンニクのことである。
それが目にあたって死んだ。それからヤマトタケルは道に迷ったが、
どこからか白い犬がやってきて道案内をしてくれたおかげで、美濃にでることができた。
この話から秩父、武蔵にはヤマトタケルに因んだ神社が多く、「大神」はオオカミとなった。

COMMENT 0

WHAT'S NEW?