河川氾濫

 11, 2015 17:32
Baidu IME_2015-9-11_17-22-29

時間の経過と共に被害の大きさが。。

この地域 中野から100キロも離れていません
車でも2時間足らずの場所なんです
他人事じゃありませんね

中学生の頃 茨城・取手付近 小貝川 という川が氾濫し
今回のような景色が広がりました 

今から40年前の つい最近の こと

中年以降の人は記憶にあるでしょうけれど
若い世代の方々は 知らないのでしょう。

逃げるも必死です。

d3a46638-sss.jpg


つい2~3週間前
三ノ輪の妹分が温泉行ってました
貸切露天風呂が有名な
143999819613.jpg

いいお風呂デスね( ^∀^)

が・・・・ココです
144186898113.jpg
崩落しました(><)

話題には事欠かないデスねww
=====================================================================
災害時のペットの同行避難は、実際に環境省が「災害時における
ペットの救護対策ガイドライン」で「飼い主の役割」として推奨しています。

 過去の災害でペットと飼い主が離れてしまう事例が多発したのを受けたもの。
離れた動物を保護するのに多大な労力と時間が必要で、
その間にペットが負傷・死亡しかねないという動物愛護の観点。
また不妊去勢処置がなされていない場合は繁殖してしまい
住民の安全や公衆衛生上の環境の悪化が懸念されるという、
人への危害防止や生活環境保全の観点からも
「必要な措置」だと明記しています。

 東日本大震災では、前からペットの同行避難について
地域防災計画に記載したり、ペット救済マニュアルの作成したりしていたにも関わらず
多くの飼い主がペットを置いて避難してしまいました
飼い主や市町村等の災害担当部署に同行避難の意識が
十分に浸透していなかったとのこと。ペットについて対応に苦慮した
自治体もあったため、環境省は飼い主への普及・啓発が重要であると判断しました。

 ただしペットを避難所でも飼育するためにも、
周囲に迷惑をかけないために常日頃からしつけが必要です
東日本大震災での自治体へのアンケート調査結果によると、
避難所でのペットのトラブルで最も多かったのは、
犬の鳴き声や臭いなどの苦情。「待て」「お座り」に応じる、
決められた場所で排泄ができる、
ケージやキャリーバッグに入ることを嫌がらないなど
さまざまなしつけを普段から行っておくべきと啓発してます。

COMMENT 3

Fri
2015.09.11
19:16

まつかわ #-

URL

うちのダメワンコ

今日は、しゃんぷーていに行き
話題の尽きないフジクラさんとのお話
とても 楽しく 考えさせられたことも、多くありました(o^^o)

災害時は、もちろん
普通の時にもゲージに入らない我がワンコ

でも縁あって、ウチに来たので
これからも根気よく
世話をしていきます。

背中にのっている大型犬の写真すごいですね
従順な性格なのでしょう。

(o・・o)/

Edit | Reply | 
Sat
2015.09.12
02:58

三ノ輪の妹分 #-

URL

露天風呂

あっ、ごめん。
落ちちゃったのはここじゃないの。
この露天風呂は別料金の貸し切り露天風呂。
ホテルのホームページ見たら、崩落した露天風呂の画像は削除されてました。
誰も入浴してなかったのが不幸中の幸いですね。

我が家も猫オーナー故、他人事ではありません。災害が起きるたび、切なくなります(/ _ ; )

Edit | Reply | 
Sat
2015.09.12
18:37

しゃんぷ~ #I9hX1OkI

URL

犬は家族

まつかわさん

何があっても 飼い主の責任 で 生涯飼育

最近本当に簡単に手放す方が多く
レスキューボランティアなくなる社会を望みます
(レスキューする犬がいない=捨て犬がいない)

団体は引き取り屋ではなく
手放そうとする人を説得し、生涯飼育を応援します

三ノ輪の妹分

あっそっか!貸切のお風呂入ったんだったね
じゃ~この落っこちたのとはちがうんだったか。。

猫避難

そうそう万が一の時は にゃんこも(=‘x‘=)も一緒に避難できるんです

311地震時は それも知らずに置いてきた人も多かったこと。
一緒に避難所行けるんです。連れて行きましょう

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?