キャブレターOH

2011.01.30(10:56)



昨年暮にガソリン漏れ出したCRキャブレター
OHキットが届きました。

各パッキンの入れ替え。

だいぶ汚れているので・・
マジックリンに漬け込んで洗浄

HIMG0036.jpg

きれいになりました(^o^)

キャブレター
ガソリンと空気を混ぜて気化させる気化器
空気・ガソリンの理想的割合は 
「15対1」と言われてます

夏の空気と冬の空気は質が違います。
今の朝の気温7℃・夏場の日中32度
25度も差が有ります。だからこのキャブは季節によって
セッティングを変えなければいけません。
(一般公道用ではなく、あくまでもレース使用を前提に
設計しているから。面倒だけど楽しい作業)

冬の空気は硬くて重いです。
つまり”濃い空気”なのです
それによってガソリンの濃さも変ります

例えばハイパワーなら濃いガソリンを
パワー落ちるけど省エネなら薄いガソリン
ちょうどいいのがちょうどいいです。
また濃いガソリンはエンジンが冷えます
薄いガソリンは冷え難くなってしまいます。
それによってプラグの熱価も冷型とか 
熱型とか替えるのですが。。

15対1と言うのは 重さ・比重です
ガソリン1グラムに対して空気15グラム

ガソリンの1グラムは水より軽いです(比重0.8)

よく言う低燃費=1リットルのガソリンでどのくらい走るか?
と言う計算がなされますが、それが何故?環境にいいの?
使う空気の量になります。

大ざっぱに計算してみると
ガソリン1リットル(800グラム)に対して
空気800g×15=12,000g(空気)
(空気・12キログラム)
(物理的計算で1.293g/1リットル )
1立方=1000リットル=
 1.293キロ なので およそ
9立方強・10立方弱の空気が必要です。
想像するに圧縮空気でない
バランスポール10個分位ではないでしょうかね??
(バランスボール・900cc強として)

空気のように軽いとか言うけれど結構意識してみると
空気って・・重いじゃんww
ちなみに・・私の超~受ける面白ギャグの後には・・・
冷た~い・重た~い空気が流れます。。なんで??

私の乗り物      排気量   平均燃費
車・HONDA軽   660cc・・15キロ
サイドカー      250cc・・20キロ
ハンターカブ     110cc・・30キロ
3台合計でも     1020cc・・21キロ
                3台の平均燃費
)  
 
低燃費です。(^o^)丿

haij.jpg

久々に出したコンパクトデジカメ
写真・日付設定狂ってますww




2011年01月30日

  1. キャブレターOH(01/30)